仙台で土木作業員が大工に転職する長所と短所とは

仙台で土木作業員が大工に転職すると、仕事が似ている、給料が上がりやすい、頑張れば独立可能などの長所が存在します。

壁を作ったり家の基礎をする作業は、前職でやっていたことと似ているため、覚える必要がないです。そのため、仙台で大工へ転職した直後は、家を建設する際の側溝を作る役を任されやすいです。そして、親方やベテランに少しずつ、大工の仕事を教わっていくことになります。

側溝や壁塗りの仕事が多いですが、それでも十分戦力として活躍しているので、給料を上げてもらえます。そして、大工の仕事を覚えていけば、自身で家の内部の建築や屋根を作る作業も可能になります。また、10年以上頑張れば自身で独立をすることもできます。

多額のお金が必要ですが、10年も頑張っていれば預金もかなり貯まっているので、十分対応可能です。その時は、仙台で転職してから一緒に働いた大工の同僚達が、手伝ってくれると思われます。短所は仕事先がわからず迷ってしまうことがある、新人の教育を任されるなどです。

大工は仙台内をあちこち移動して、家を建てるのが仕事です。なので、自身で行ったことがない場所へ足を運ぶ機会も出てくるので、迷ってしまうのは無理もない話です。カーナビを車に設置しておけば迷わずに目的地に辿り着きやすいです。

あと、ベテランと言われるようになると、新人の教育をお願いされることがあります。面倒な役ですが、新人教育の期間中は何らかの手当を加算してくれるので、頑張る甲斐はあります。

レバテックキャリアについてならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です