医師が都会の内科から仙台の精神科へ転職するメリット

医師が都会の内科から仙台の精神科へ転職すると、のんびり働ける、残業が少ない、仕事が楽しいなどのメリットが期待可能です。

仙台の病院へ転職して働き始めると、都会の内科よりも患者が少ないことから、気楽に働くことができます。月曜日と連休明けはそれなりに忙しいですが、午後になれば手を休めることができます。ただ、予約を受ける機会が多い仕事なため、いつお客が来てもいいように油断せず働きましょう。

患者1人辺りに30分かけて相談を受けるのが仕事ですが、仙台の人口は都会よりも多くないので、大量に押しかけてくることはないです。そのため、残業が少ないことから、朝に通勤して夕方に家に帰るサラリーマンに近い生活も可能です。

時間がある時は、看護師と雑談をしたり、身体を伸ばしてストレッチしてみるのも悪くありません。ですが、その姿を他の医師に見られると恥ずかしいので、周囲に人がいないのを確認してからしたほうがいいです。転職して精神科医として働くと、仙台に住んでいる人達の様々な悩みごとを聞くのが仕事になります。

悩みごとの内容はいじめや夫婦間トラブル、または会社内で起きた問題の話など色々ですが、聞いていると楽しいと感じてもおかしくないです。そして、話し終えた人達へ適切なアドバイスをすることになりますが、医師としての経験が長い人ほど鋭い意見を言えます。患者の体調が良くないと判断した時は、内科としての経験を生かして診察もできるのも良い部分です。

レバテックキャリアについてならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です