仙台で用務員が教師に転職する長所と短所とは何ですか

仙台で用務員が教師に転職すると、生徒達が驚く、家族が安心する、給料が上昇などの長所が存在します。

仙台で教師に転職できたのは、何らかの事情で教師の資格を持ちながら、用務員をしていたのが理由と想定されます。そのため、用務員が急に教師になったことから、生徒達がびっくりするという効果を期待できます。おそらくですが、その反応を見ているのが楽しいと感じるはずです。

あと、教師を再び始めることになったため、仙台内に住む家族が安心してくれます。あと、転職以前よりも給料が上昇していきます。最初は新人扱いになるので低めに設定されていますが、生徒への指導内容が優秀だと判断されれば、時給を上げてくれます。

そして、時間が経過すれば部活動の顧問も任せてもらえるようになります。短所は休みがとりにくくなる、大声を出す機会が増加するなどです。新年度になれば何らかの部活の顧問を任されることがあります。

強豪と周囲から言われている運動部の顧問をすることになった時は、土日は休むのは難しいです。ただ、副顧問もつけてもらえるため、どうしても休む必要が生じた時は、連絡を入れれば顧問の代わりを務めてくれます。交替して頂いた時は、後日学校で必ずお礼を言いましょう。

あと、教師という役職は、教壇に立ち生徒達に理解できるように、声を張り上げて指導をする機会が多いです。大声を出すのが苦手だと感じている場合は、カラオケにいって発声練習をすれば誰にも見つからずに練習可能です。

レバテックキャリアについてならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です