仙台で医師から薬剤師へ転職する長所と短所とは何か

仙台で医師から薬剤師へ転職すると、レジ打ちが楽しい、マイペースで働ける、時給が高めなどの長所が期待可能です。

おそらくですが仙台で薬剤師に転職直後は、レジ打ちの面白さに夢中になると思われます。医師をやっていた頃ではなかったことなので、新鮮な気持ちで仕事ができます。あと、残業が滅多にないので、朝に通勤して夕方に帰る生活を送れるため、転職して良かったと考えてもおかしくないです。

子供がいる家庭の場合は、早く帰ってくれば喜ばれるかもしれないです。医師の場合は部署によっては残業が多く、子供の顔を見る機会が減るため、残業がないことの幸せを実感する可能性が高いです。また、仙台内の薬剤師が働く職場は、時給が高いのが特徴です。

薬を販売したり紹介するには、特殊な資格が必要なのがその理由です。短所はレジ打ちの補助をお願いされることがある、処方箋探しは難しいなどです。ドラッグストアで働いている際は、お昼や夕方になるとお客で忙しくなり、パートの人達では対応しきれないことがあります。

薬剤師の部署にもう1人いた場合は、その人に薬品コーナーをお願いして、レジの補助に向かうのも悪くないです。適切に仕事をこなせば、パートの人達や店長に感謝される結果につながります。このことがきっかけとなり、気軽に話しかけてもらえるようになれば、さらに働きやすくなります。

あと、処方箋探しは薬の配置されている順番には法則があるため、それを上手く理解できれば見つける時間の短縮に効果的です。

レバテックキャリアについてならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です